So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

<訃報>ロックの神様”逝く・忌野清志郎さん58歳で死去 [ガンの有名人]

またまた悲しいニュースが入ってきました。

奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去されたそうです。。
58歳。本当に早すぎる死にショックです。。

2006年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。
治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰されています。
元気になったんだと安心していたのですが。。
2008年7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていたそうです。
また、元気な忌野清志郎さんの歌う姿が見れると思っていただけに、悲しいです。


『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』DVD+ ベストアルバム『入門編』セット/忌野清志郎

忌野清志郎さんは東京生まれ。
1968年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、
1970年に「宝くじは買わない」でデビューしました。
1972年には「ぼくの好きな先生」が、1980年には「雨あがりの夜空に」が大ヒットしました。
1982年には坂本龍一さんと組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が社会現象を巻き起こし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍しました。
「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られていました。

清志郎さんは、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌いました。
私は個人的には反原発を扱ったアルバム「COVERS」が好きでした。
1988年にリリースされた洋楽カヴァー・アルバムで、スタンダードな洋楽の名曲に忌野清志郎さんが日本語の訳詞をつけて歌っている。明確に「反戦・反核」の意思を表した詞が問題となり、大きな話題を集めた。


カバーズ

ご冥福をお祈りいたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。