So-net無料ブログ作成

<訃報>ロックの神様”逝く・忌野清志郎さん58歳で死去 [ガンの有名人]

またまた悲しいニュースが入ってきました。

奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去されたそうです。。
58歳。本当に早すぎる死にショックです。。

2006年7月に喉頭(こうとう)がんと診断され入院。
治療を続けた後、08年2月に日本武道館で本格復帰されています。
元気になったんだと安心していたのですが。。
2008年7月、左腸骨にがんが転移していたことが判明、再び活動を中止し放射線治療などを続けていたそうです。
また、元気な忌野清志郎さんの歌う姿が見れると思っていただけに、悲しいです。


『忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館』DVD+ ベストアルバム『入門編』セット/忌野清志郎

忌野清志郎さんは東京生まれ。
1968年に中学校の同級生らと、忌野さんをリーダーとするバンド「RCサクセション」を結成、
1970年に「宝くじは買わない」でデビューしました。
1972年には「ぼくの好きな先生」が、1980年には「雨あがりの夜空に」が大ヒットしました。
1982年には坂本龍一さんと組んでリリースしたシングル「い・け・な・いルージュマジック」が社会現象を巻き起こし、日本の「ロックの神様」としてコンサートのほか、CMや映画などで活躍しました。
「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られていました。

清志郎さんは、「音楽は時代の刺激剤であるべきだ」との信念を持ち、政治的なメッセージを込めた歌も歌いました。
私は個人的には反原発を扱ったアルバム「COVERS」が好きでした。
1988年にリリースされた洋楽カヴァー・アルバムで、スタンダードな洋楽の名曲に忌野清志郎さんが日本語の訳詞をつけて歌っている。明確に「反戦・反核」の意思を表した詞が問題となり、大きな話題を集めた。


カバーズ

ご冥福をお祈りいたします。

ハリセンボン・はるかの結核に注目! [芸能人の病気]

人気お笑いコンビ、ハリセンボンの箕輪はるかさんが
肺結核で入院したことで、結核への関心が高まっています。

共演者やライブを見たファンからは「自分は感染したのでは」と不安の声が上がっています。
 「ハリセンボンが出演したお笑いライブを観覧したが、感染していないか不安」。
東京都が設けた相談窓口には、こんな声が多数寄せられています。

結核は、発病者のせきやくしゃみで飛び散った結核菌を吸い込むことで感染します。
結核菌は空気中を浮遊するため、感染者の近くにいなくても感染することはありますが、
「舞台と客席が離れているライブ会場では、
前の席にいたとしても感染の心配はほとんどない」のだそうです。

感染リスクが高いのは感染者と接触する頻度が多い人で、家族や仕事仲間への感染が特に疑われる。
箕輪さんの相方の近藤春菜さんは、エックス線検査で発病していないことを、
血液検査で感染していないことも確認しています。
感染してから血液検査で陽性反応が出るまで2~3カ月かかるため、
3カ月後に再度検査することになっているそうです。

結核は感染しただけなら周囲の人にうつす心配はありません。
感染者が発病する確率は5~10%。
感染後1~2年で発病する場合と、数十年もたって発病する場合があります。

高齢になって抵抗力が落ちると発病しやすくなる一方、
若くても無理なダイエットや不規則な生活を続けていると発病の可能性が高まります。
箕輪さんは確かにやせ型ですね。。
発病した人にやせ型の人が多いとはいえ、太っていても発病する場合はあります。
発病と栄養との関係はよく分かっていないそうです。。

発病しても、今は薬を飲めば治ります。
箕輪さんは2カ月の入院が決まったが、周囲に感染させる恐れがなければ通院治療も可能です。
服薬期間は6カ月が基本で、治療終了まで薬を飲み続けることが重要です。


箕輪さんにせきなどの症状がみられたのは昨年12月ごろ。
それから結核と診断されるまで4カ月もかかっていることに、驚きました。

でも発病から診断までに時間がかかるのは珍しいことではないそうです。
病気の重症化を防ぐためだけでなく、周囲への感染拡大を防ぐためにも、
病気の早期発見、治療が大事です。
せきが2週間以上続く、微熱が続くなどの症状がある場合はなるべく早く受診しましょう。

結核は「昔の病気」と思われがちですが、日本は先進国の中では新しく発病する人が依然多く、
世界的には「中蔓延国」に位置づけられているそうです。
特に新しい患者が多いのが大都市部。
平成19年の人口10万人に対する新規患者数は、日本全体では19.8人ですが、
大阪市52.9人、名古屋市30.6人、東京23区29.3人と突出しています。
最近はネットカフェやカラオケボックスでの感染も多数報告されているという実態もあるそうです。

大切なのは周囲に感染を広げないこと。
結核は過去の病気ではありません。
疑わしい症状のある人は早めに受診を!!

絢香告白のバセドー病に注目! [芸能人の病気]

俳優の水嶋ヒロさんとの結婚会見でパセドー病を告白し、
治療のため年内で活動を休止すると発表した絢香さん。
パセドー病、一気に有名になりましたね。。

パセドー病について注目したいと思います。
「バセドー病は圧倒的女性に多い病気です」
バセドー病は甲状腺ホルモンが過剰に作られる病気です。
男女比は1対4で圧倒的に女性が多く、20、30代で発症するケースが多いです。

甲状腺ホルモンは成長と代謝に関係し、過剰に分泌されると、
疲れやすい、いらいらして落ち着きがない、甲状腺のある首の部分がはれる、
集中力が低下する、眠れない、動悸(どうき)がする、手足が震えるなどの症状が表れます。
絢香さんも会見で「1曲歌うと息切れや動悸がした」と話していました。

顔や目つきがきつくなることもあり、目が出てくる眼球突出は代表的な症状で3割程度にみられる。
受診のきっかけで多いのは首のはれや激しい動悸。
ただ、高齢者は甲状腺がはれにくく、発症に気づかないケースも多いということです。

パセドー病の発症は甲状腺を刺激する抗体(TSH受容体抗体)が原因と考えられていますが、
抗体ができる理由はよく分かっていないそうです。

治療には、甲状腺ホルモンの合成を抑える薬の服用や、
甲状腺の大部分を摘出する手術、放射線治療があります。
治療で甲状腺機能を正常にすることで、普通の生活は可能です。
絢香さんは服薬で治療していたことを公表しました。
服薬治療は外来でできることや、妊娠、授乳が可能なことが長所である半面、
1年以上と治療期間が長いのが短所です。

3年間、薬を服用した場合、10人に3、4人が薬がいらない「寛解(かんかい)」の状態となるそうです。
一方、3年服用しても寛解しない場合は、手術や放射線治療になるようです。

絢香さんは、治療のために年内いっぱいでの音楽活動の休止を宣言しました。
仕事を休まなければいけないほど大変な病気なのかと私も思いましたが、
「服薬で甲状腺機能をコントロールできれば、普通は仕事は可能で、
病気が原因で会社を辞める人はほとんどいない。
ただ、仕事がストレスになっている場合、仕事を辞めることで寛解するケースもある」ということです。


「パセドー病は高齢者にも」
治療をきちんとすれば妊娠、出産も可能ですが、
甲状腺機能のコントロールがうまくできていないと流産しやすいほか、
胎児の成長にも影響する可能性があるので、妊娠中の女性は特に注意が必要です。

薬のなかった戦前は死亡することもある怖い病気だったそうですが、今は治療法が確立しています。
ただ、治療せず放置していた人が糖尿病になったり、
別の病気で手術をしたりしたときに起きる「甲状腺クリーゼ」では死亡することもあるそうです。

20~30代の若い時期の発症が多いとはいえ、高齢者の発症も珍しくありません。
気になる症状がある人は検査を受けましょう!!


「ハリセンボン」の箕輪はるかさんが肺結核 [芸能人の病気]

女性お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるかさんが肺結核のため入院したというニュースを見てびっくり。
箕輪さんは現在入院中で約2カ月休養するという。

肺結核は空気感染が起こる可能性がある病気で、吉本興業グループの劇場、その他のライブ会場、テレビ番組収録スタジオなどの観覧者らに感染したおそれがあるということです。
これを受け、東京都や保健所では接触者の調査・健康診断の実施を決めたそうです。

ハリセンボン、大好きです。
はるかさんの早い復帰を願っています!!

肺結核とは??肺結核は,昔は日本の死亡率1位にもなった恐ろしい病気でしたが、
戦後激減してあまりみられなくなった病気です。
しかし,肺結核は過去の病気ではありません。
年間で、日本全国の新規発症者は約4万2千人。

肺結核とは,結核菌によって起こされる肺感染症です。
感染は,結核菌を排菌してる人からの咳などによる飛沫により経気道感染します。
ですから,結核の患者さんの発見が遅れると集団感染を起こしたりします。
インフルエンザのように側にいただけで,すぐに感染するものでもありませんが一緒に生活したり,
長時間一緒にいれば感染する可能性があります。

Ⅰ.症状
主な症状は,発熱,咳,痰です。ですから,風邪と一緒の症状です。
1.発熱
典型的な場合は,微熱(37ー38度)で朝には下がるが夕方には高熱というパターンが典型的な例です。
もちろん,39-40度の高熱が出る場合もあります。また,寝汗,倦怠感を伴います。

2.咳
痰のからんだ咳(湿性の咳)が多いです。

3.痰
昔の時代をテーマにしたドラマなどでは,肺結核の青年が咳とともに血を吐くというのがよくありますが,
今は,そのような患者さんはあまりいません。せいぜい,血痰(血の混じった痰)がみられるぐらいです。
結核であれば,すべて血痰が出るというわけではありません。むしろ,血痰のでる頻度は少ないです。
普通の粘液性,または膿性の痰の場合が多いです。
風邪をこじらせて気管支炎になったのと同じような感じです。

普通の風邪と違うのは,微熱,咳と痰がいつまでも続くことです。 長引く風邪の場合は,病院を受診して下さい。

Ⅱ.治療
1.入院
結核菌が検出されれば,結核病棟に入院して治療が原則です。
菌は検出されないが,結核の疑いが強いのでとりあえず,治療して効果をみる場合など
外来治療という事もありますが,菌が検出された場合は入院です。
入院期間は,昔に比べて短くなってますが,治療には半年とか1年とかかります。

2.薬
結核の状態(空洞がある。菌がでてる。耐性があるなど。)によって違いますが次の薬を使います。
1.リファンピシン
2.イソニアジド
3.エタンブトール
4.ストレプトマイシン
5.ピラジナミド
問題はきちんと治療する事です。中途半端に治療すると耐性菌が出現して,治療が困難になります。
早期発見も大事ですが,きちんと治療する事も大事です。
今,結核菌の耐性菌が増えていて問題になってます。

Ⅲ.BCG
BCGいわゆる「はんこ注射」は結核のワクチンです。
しかしながら,BCGで感染を予防できるわけでありません。
BCG接種は,感染しても発病を抑える作用があります。
特に,乳幼児にみられる結核性髄膜炎の発病予防効果があり,結核性髄膜炎は重篤な後遺症を残す事を考えれば 乳児期の早い時期に予防接種を行うことが重要です。

Ⅳ.肺結核の人と接触した場合
身近に肺結核の人がいて接触した場合,感染したかどうかの判定には難しい問題があります。
胸部写真とツベルクリン反応(ツ反)の検査を行います。
胸部写真に陰影があり,結核菌が確認されれば結核に感染して発病した事になります。

問題は,胸部写真は異常なく,ツ反が陽性にでた場合です。
ツ反陽性は単純に結核感染を意味しません。
なぜなら,日本ではBCG接種されているため結核に感染していなくても陽性に出るためです。
それで,一応次のような基準があります。
BCG接種の有無,結核患者との接触の有無で,決められたツ反の大きさの基準を越えた場合,感染の可能性があると判断されます。


絢香がバセドウ病を告白、年内で休業へ [芸能人の病気]

人気俳優の水嶋ヒロさんと人気シンガー・ソングライターの絢香さんが緊急会見を開きました。
「2月22日に入籍しました。
共に人生を歩み始めたいと思い、このことをファンの皆さんに伝えたいという2人の強い希望で、
今日の会見を迎えました」と既に結婚していたことを報告しました。
また交際約半年でのスピード婚に至った背景として、絢香がバセドウ病を患っていることが発表されました。

水嶋が「実は絢香は持病を抱えていて、それを守ってあげたいと思っての早い決断だった」と結婚を決意した経緯を明かすと、
絢香は「デビュー翌年にわかった持病です。薬を飲みながら活動してきたんですけど、数値があがると息切れや動悸がする。歌うのも思いどおりにいかなくなってしまう。実は今日も数値が高いんです…」と言葉を詰まらせた。
「彼の存在がものすごく大きいです。結婚を機に病気を完治していこうと思い、しっかり家庭に入って妻としてサポートしていきたいと思っています。年内で仕事は一区切りして、期限を決めずに病気と向き合っていきたいと思います」と時折、水嶋を見つめながら「治療も音楽も妻としての役割も頑張りたいです」と丁寧に話した。

私も注目していたシンガーの一人だったので、絢香の休業はショックですが、
病気をしっかり治して、また素敵な歌を聴きたいですね!
お幸せに!!

パセドウ病(パセドウ氏病)とは??
バセドウ病は、甲状腺から甲状腺ホルモンが出過ぎるためにさまぎまな症状を起こす病気で、
この病気を発見した医師(パセドウ氏)の名前にちなんでバセドウ病とつけられました。

甲状腺は頚部前面のいわゆる喉仏の下にあり、
健康な人は常に適量の甲状腺ホルモンを血液中に分泌しています。
甲状腺ホルモンは脳や心臓を含む全身の臓器に作用して、これらの適切な活動を調節しています。
甲状腺ホルモンが過剰に分泌される状態を甲状腺機能亢進(こうしん)症と言いますが、
バセドウ病は甲状腺機能亢進症の代表的な病気です。
血液中の甲状腺ホルモンが多すぎるとさまざまな精神、身体の異常が起こります。

バセドウ病の原因は、自分自身の甲状腺を刺激する抗体という物質(自己抗体)ができて
甲状腺を過剰に刺激するために生じる病気で、自己免疫疾患の一つです。
なぜこのような抗体ができるかはまだ正確には解明されていません。

症状が典型的な例では眼がとび出したようにみえる(眼球突出)と
甲状腺の腫れ(甲状腺腫)がありますから、これに気づけば診断はそれほど離しくはなく
、ほかの病気と間違われることもほとんどありません。
しかし、この2つの症状が軽度であったり明らかでない場合も多く、
外見ではわからない場合も多いので注意が必要です。

甲状腺と眼球突出のほかでは次のような症状がよくみられます。
汗をかきやすい、疲れやすい、心臓がドキドキする(動悸)、脈が速い、
手指が震える、血圧が高い、暑さに弱い、体重が減る、息切れする、
いらいらする、よく食べる(食欲亢進)肝司、便の回数が増える、寝つきが悪い、
などですが全てが見られるとは限りません。
健康診断などでよく見られる検査の異常にはコレステロール低値、肝機能検査の異常、
高血糖、尿糖陽性、不整脈(心房細動)などがあります。

前述の症状や検査の異常から、心臓病、肝臓病、更年期障害、自律神経の病気などが
間違われやすい病気です。
今回述べた症状や検査の異常などから甲状腺の病気が心配な方や心当たりの方は
内科の内分泌専門医に相談されるとよいでしょう。



ブログ1歳 [思い出]

父のガンが治ること、父が長生きすること、奇跡を信じて始めたこのブログも1歳になりました。
残念ながら奇跡が起きないまま、ブログを始めて約半年の10月、父は息を引き取りました。

思い出すだけでまだまだ涙が出ます。
父がいなくなり、心にぽっかりと空いてしまった穴はまだ空いたままです。
ブログも父の容態が悪化してきてからは、書く気になれませんでした。

父の死から早半年になろうとしています。
自分でつけている日記など見ながら、少しづつ遡って更新していこうと思います。

米アカデミー賞!「おくりびと」 [家族]

米アカデミー賞で「おくりびと」「つみきのいえ」の日本映画が
外国語映画賞と短編アニメ賞のダブル受賞に輝きました。

日本国内中、まるでオリンピックで金メダルを取ったかのような騒ぎになっています。
でも本当にうれしいです。
でも私、まだどちらも見たことがなく、
早速、DVDや原作本を買おうと思っています。

「おくりびと」の原点となったのは、青木新門さんの著書「納棺夫日記」。
著者の青木さんも、「おくりびと」の監督の滝田監督も富山県出身の方なので、
富山県では特に大騒ぎになっているようです。

アカデミー賞の受賞発表後、売れ行きが加速しています。
ご注文はお早めに!

納棺夫日記増補改訂版

「おくりびと」は映画館での再上映もされているようですが、
満員御礼が続いているようです。
映画館までは行けないけど、早く見たい!という方はこちら↓


おくりびと(初回仕様)(DVD) ◆20%OFF!

父が亡くなって4ケ月、まだ気持ちの整理ができないでいます。
「おくりびと」が評価されたのは、この映画が「癒し」の映画だったからといいます。
父の亡くなった時の様子とフラッシュバックするかもしれないけど、
勇気を持って見てみようと思います。
もしかしたら、癒しの効果で、気持ちの整理がつくかもしれません。

<訃報>俳優の峰岸徹さん 肺がんのため死去 [ガンの有名人]

映画やドラマで活躍した俳優の峰岸徹さんが10月11日肺がんのため死去されました。
65歳、まだまだいい芝居を観たかったです。
今春、がんの告知を受け、6月に予定されていた舞台出演を降板し治療に専念していました。

峰岸さんは東京都出身。大学在学中の62年に映画デビューされました。
渋い脇役として数多くの映画や舞台、ドラマに出演しました。

映画では「廃市」「あした」など大林宣彦監督作品の常連として知られています。
監督の新作「その日のまえに」(11月公開予定)にも出演。
また現在公開中の映画「おくりびと」(滝田洋二郎監督)に主役の本木雅弘さんの父親役で出演されています。

トライアスロンにも挑戦し、まだまだ元気な顔を見れると思っていたのに残念です。
ご冥福をお祈りいたします。





緒方拳さんの死もショックでしたが、今回の峰岸さんの死も本当にショックでした。
緒方さん、峰岸さん、天国で父をよろしくお願いします。
一緒に、おいしいお酒を付き合ってやってください。。

川村カオリさんがん再発を告白 [ガンの有名人]

04年に乳がんを患い左乳房適出手術を受けていた歌手・川村カオリさんが自身のオフィシャルブログでリンパ節など3か所にがんが転移、再発していることを明かした。


ブログでは
「今日は大切なお話しがあります。(中略)私、川村カオリは現在乳がんの再発と闘っています。リンパ節・骨・肺の3か所への転移です。再発という単語を耳にした時納得がいかなくて、受け入れる事が出来なくて、言葉に出来るようになるのに時間を必要としました。最初に私のブログを見て下さっている皆様に自分の言葉でご報告しようと思いました」
と経緯を説明した。

それでも、最後には
「私の生き方は変わりません。あるがままに「前進あるのみ」。なるようにしかならないし、後ろは振り向かない。だから心配いらないよ」
と気丈にコメントしている。

川村さんは99年にギタリストと結婚も昨年6月には離婚。
プライベートでの悲しい出来事を乗り越えた矢先の出来事となったが、今秋から乳がんの早期発見啓発を目的として『ピンクリボン運動』にも本格的に参加して活動されている。

今回は切除できないガンらしいです。
抗がん剤の点滴を受けて頑張っていらっしゃるそうです。
応援しています。

ガンに負けるな!奇跡を信じて・・


9月28日・がんばれ!お父さん! [闘病記]

今日も母は朝から病院へ。
まだ食事も食べさせれば食べれる状態。
まだまだ大丈夫だ。
昨日の午後から少し高くなっていた熱も今日は上がらず落ち着いていました。

私は涙をこらえて1週間ぶりに病院へ。
鼻から酸素チューブを入れ言葉少なく、横になっていました。
1週間前からみたら明らかに弱ってきている。

浮腫んだ足を1時間くらいかけてマッサージをして病院を後にしました。
仕事があるので私が病院に行けるのは1週間後。。
「また来週来るからね!」と手を握って帰ってきましたが、あと1週間もつかどうか。。

どんどん弱っていく父を見るのは本当につらい。
一人になった車の中でまた涙、涙。。

父の前では涙一つ見せず、献身的に介護している母。
どうしてあんなに強い気持ちでいられるのか、
気丈な母に感心してしまいます。
今は元気にしていますが、かえって強い母が心配です。
家族で助け合ってこの厳しい道を進んで行こうと思います。

がんばれ、お父さん、
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。