So-net無料ブログ作成
検索選択

9月28日・がんばれ!お父さん! [闘病記]

今日も母は朝から病院へ。
まだ食事も食べさせれば食べれる状態。
まだまだ大丈夫だ。
昨日の午後から少し高くなっていた熱も今日は上がらず落ち着いていました。

私は涙をこらえて1週間ぶりに病院へ。
鼻から酸素チューブを入れ言葉少なく、横になっていました。
1週間前からみたら明らかに弱ってきている。

浮腫んだ足を1時間くらいかけてマッサージをして病院を後にしました。
仕事があるので私が病院に行けるのは1週間後。。
「また来週来るからね!」と手を握って帰ってきましたが、あと1週間もつかどうか。。

どんどん弱っていく父を見るのは本当につらい。
一人になった車の中でまた涙、涙。。

父の前では涙一つ見せず、献身的に介護している母。
どうしてあんなに強い気持ちでいられるのか、
気丈な母に感心してしまいます。
今は元気にしていますが、かえって強い母が心配です。
家族で助け合ってこの厳しい道を進んで行こうと思います。

がんばれ、お父さん
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。


9月27日・付き添い [闘病記]

今日は母と長男が父に1日付き添い。
朝はすっきりとした顔で、病院食も半分くらい食べ、元気そうだったらしい。
担当の先生も
「今日は落ち着いていますね。。」
ほっと一安心。

おじいちゃん子だった長男は宿題を持って病院へ行き、ずっと父の傍に。
本当にじいちゃん想いのやさしい子だ。
我が子ながら感心する。

私は家に残り1日仕事。
父とのことを思い出しては涙、涙。。


こんなんじゃ、病院に行ってとても父の顔を見られない。
明日は仕事も休みなので、
涙をぐっとこらえて病院へ行ってきます。

がんばれ、お父さん
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。


9月26日・あきらめたくない! [闘病記]

父の状態、かなり悪いみたいです。。
今日は母が、午前中と午後からと2回様子を見に病院へ。
昨日から息苦しくなり、鼻から酸素チューブを入れている状態。

父も不安なので、母に「傍にいてほしい。」
そう頼むらしいが、母も仕事なのでずっとついている訳に行かず。。
こんなとき、自由にならない仕事はちょっと困ります。

夕方、病院から電話。
担当の先生、直々の電話だった。
「血小板が異常に少なく、かなりガンも全身に散らばり広がっている。
かなり状態は悪く、短ければ来週頭までもつかどうか。。」

ショックだった。
まだ1ヶ月くらいは頑張ってくれると信じていたのに。

でもまだまだあきらめたくはない。

がんばれ、お父さん
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。


9月20日・久しぶりの笑顔 [闘病記]

今日は父の学生時代の友人が福井からお見舞いに来てくださった。
最近は寝たきり状態になり、何に対してもヤル気が見られなくなった父。
そんな父が今日は笑った!

学生時代の友人に会い、少しはがんばろうという気になってくれたのか?
実は学生時代の同窓会が11月に三重であるそうで、そこには這ってでも行きたいという。

「オレの車でつれていってやる。」
寝たきりの父は紙おむつをしています。
「たれ流しや。オムツも替えてくれるか?」
「ああ、なんでもしてやる!」

心強い味方です。
父にも当面の目標ができました。
11月までまだまだ長いけど頑張ってくれると信じています!

がんばれ、お父さん
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。


7月19日・梅雨明け! [闘病記]

今日はここ北陸地方に梅雨明けが宣言された。
梅雨明けはうれしいが、
闘病中の父にとっては暑く、きびしい夏になるのだろう。
頑張ってほしい。

今日は許しがたいニュース
「尿でがん」ニセ検査キット摘発
「尿で簡単にがん検査ができる」とうたって、役に立たない診断キットを販売したとして、警視庁は医薬品輸入販売業の男性と臨床検査会社「マリア・クォールホールディングス」社長ら3人を薬事法違反(無承認医薬品の無許可販売)の疑いで逮捕した。 約3年前から同キット約18万個を健康食品会社などに卸し、約3億2000万円の利益を得ていたとみている。 発表によると、3人は2006年6月~昨年12月、医薬品の販売資格がないのに、仙台市や大阪市内の健康食品会社などに、「CCD」「CCS」などと名付けた無承認のがん検査キット計約9800個を計約2200万円で販売した疑い。 健康食品会社などは、全国各地の薬局に商品を卸していたという。 ~読売新聞ニュースより抜粋

陰性で安心して手遅れになり死亡例もあったという。
闘病中の家族を抱える身としては本当に腹立たしいニュースです。
「がん」という言葉に敏感になっているのでがんの記事がよく目に付く。

がんばれ、お父さん、
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。

7月18日・退院後、初診察 [闘病記]

18日、退院後初診察。
丸山ワクチンの接種。
食欲が落ちていて少しだるいというので、点滴もしてもらい2時間後迎えに行った。
栄養補給にとエンシュアリキッド処方された。
まずい・・と飲みたがらないが、冷やして少しづつでも飲むように説得。

丸半日かかり疲れたか、午後からはずっと寝ていた。
丸山ワクチンの接種は週3回、通院して続けることにした。
食欲の落ちる時期だが、まあまあ食べれているし、痛みもないのは
丸山ワクチンの効果だと信じている。

こんな日にもまたがんのニュース
俳優の峰岸徹さんが肺がんを患い闘病中らしい。
今年2月からトライアスロンの練習を始めていたが、腰に痛みを感じ、4月に都内の病院で検査入院
そこで肺がんが見つかった。4月にまず持病の腰の手術を受け、5、6月と抗がん剤投与と放射線治療を受けてきた。
現在は体力も回復し、医師から仕事の許可が出たため、65歳の誕生日を迎える17日に仕事を再開。

最近はがんを公表する芸能人が多い。
峰岸さんも頑張ってほしい。

がんばれ、お父さん、
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。

7月17日・散髪ですっきり! [闘病記]

今日も暑い!富山では34度にもなる暑さでした。
父の髪も伸びきって、暑そうなので、
近くの理容店に連れて行き、洗髪からカットまでしてもらってきました。

すっきりしました。
病気になってからかなり老け込んでしまっていたので、ちょっとは若く見えるかも。。

暑いので食欲は落ちていますが、ゼリー、冷奴など口当たりのいいものは喜んで食べています。

明日は病院へ。
ドレナージの傷口の処置と丸山ワクチン、栄養補給の点滴とリハビリと、メニューはいっぱいあります。

母がもうすでに介護疲れでかなり疲れています。
心配です。

がんばれ、お父さん
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。


7月16日・退院 [闘病記]

今日の午後、父が退院してきました。
県立中央病院に入院したのが、4月14日。
(途中、転院があったりして、近くの市民病院には6月17日に入院。)

約3ヶ月の長い長い入院生活でした。
体調も一時期よりは落ち着いていて、食事も摂れますし、身体の痛みもありません。
どうかこのまま、落ち着いた状態で頑張ってほしいです。

午前中には介護ベットも搬入され、マットレスが少し堅いと文句を言いながらも
気持ち良さそうに眠っていました。


我が家では退院といううれしいニュースの中、今日も悲しいニュース。

横浜打撃投手の石田大也(いしだ・ともや、本名・石田文樹=いしだ・ふみき)さんが15日午前1時40分、
直腸がんのため横浜市内の病院で亡くなった。41歳だった。
取手二高時代の1984年、夏の甲子園決勝でPL学園高2年の桑田真澄(元パイレーツ)、清原和博(オリックス)の
「KKコンビ」を破り、日本一に輝いた“甲子園のヒーロー”の早すぎる死に関係者は悲しみにくれた。
1988年、大洋(現・横浜)にドラフト5位で入団し、6年間で1勝0敗の成績。
94年の戦力外通告後も、打撃投手として横浜一筋に活躍。制球力の高さを買われ、主力相手に投げることが多かった。
今年3月のオープン戦期間中に直腸がんが判明し、4月に摘出手術
週1回の抗がん剤治療を続けながら現場復帰を願い続けていたが、すでに転移は進行していた。
7月16日17時0分配信 夕刊フジニュースより

がんばれ、お父さん、
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。





7月10日・退院に向けて [闘病記]

来週には退院予定。
退院に向けて、今日はリハビリの先生が父と一緒に家屋調査にいらっしゃった。

階段の段差、手すりの有無、お風呂トイレ寝室など生活に必要な場所のチェック
手すりは数箇所につけた方がいいと言われた。

今は階段の上り下りができるけれど、動けなくなったら?
1階の部屋もあるけれど、トイレは少し遠い。。
先のことまで想定して。。。

今日の父は、移動もあったからか、ちょっぴりダルそう。。
退院はうれしいけど、こんな状態で大丈夫かちょっと不安。。

明日は医師看護士、ケアマネージャーさんも含めた話し合いがあります。


がんばれお父さん
がんに負けるな、奇跡を信じて。。。


外泊決定 [闘病記]

2回目の経皮経肝胆管ドレナージ術が上手くいき、父の状態もよくなってきました。
今週末には、また外泊で家に帰ってこれます。

黄疸がでて、全身が黄色だったのが、肌の色も戻ってきました。
最近は、リハビリに励み、自宅に帰ってくることを楽しみにしています。

最近は食欲も出てきました。
週末に自宅に帰ってくることが励みになっているのはもちろんですが、
6月上旬から始めている
「丸山ワクチン」が効いているのだと信じています。

「丸山ワクチン」に関する本はたくさん出版されていますが、私もコチラ
購入し、バイブルとして読んでいます。
丸山ワクチンでガンに克つ
32万人のガン患者が現在使用する特効療法のすべて



著者: 藤田敬四郎
出版社: マキノ出版
サイズ: 全集・双書
ページ数: 244p
発行年月: 1997年12月
本体価格 1,500円 (税込 1,575 円) 送料無料

【内容情報】(「BOOKデータベースより)
末期ガン患者にも希望を与える本。丸山ワクチンの治療が受けられる全国の病院―最新リスト350。

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 ガンの増殖や転移をおさえる丸山ワクチン/第2章 丸山ワクチンを使う医師たちの報告/第3章 丸山ワクチンでガンを克服した体験記/第4章 丸山ワクチンを支えるボランティア/第5章 丸山ワクチンに関するなんでもQ&A

丸山ワクチンでガンに克つ

がんばれ、お父さん、
ガンに負けるな、奇跡を信じて。。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。