So-net無料ブログ作成
検索選択

有名人と薬 [芸能人の病気]

25日に急逝した米歌手マイケルジャクソンさん(50)の死因を巡り、鎮痛剤の過剰摂取との関連が注目されているが、米国では睡眠剤などを大量に服用して命を落とすスターが相次いでいる。

華麗な生活ぶりの一方で、多大なストレスから薬に頼りがちになるセレブ(有名人)の実態が浮かび上がっているといいます。

 「ロックンロールの王様」と呼ばれたエルビス・プレスリーさんは、1977年8月、テネシーメンフィスの豪邸「グレースランド」の寝室で倒れた。42歳だった。
死因は処方薬の過剰服用による不整脈と発表された。

腰を振って歩く「モンロー・ウオーク」などで知られ、トップスターだった女優マリリン・モンローさんは62年8月、ロサンゼルスの自宅で36歳で死亡した。
自殺や謀殺説も流れたが、死因は睡眠薬の大量服用による急性中毒と見られている。
読売新聞ニュースより

マイケルの死因については心臓発作、
薬が原因かともいわれていますが、いろんな憶測が飛び交っておりまだまだわかりません。
50歳というあまりにも若い死、本当にショックです。



■マイケル・ジャクソン 期間限定CD【キング・オブ・ポップ-ジャパン・エディション】08/9/24発売

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。