So-net無料ブログ作成

訃報・作曲家の三木たかしさん64歳で死去 [ガンの有名人]

先日の忌野清志郎さんの58歳という若さの死去。。
そのショックから、数日、また悲しいニュースです。

「津軽海峡・冬景色」「時の流れに身をまかせ」など、ポップスから演歌まで幅広く手がけた作曲家の三木たかし(みき・たかし、本名・渡辺匡=わたなべ・ただし)さんが11日、岡山市内の病院で死去されました。
64歳。父と同じ年齢でした。

三木さんは東京生まれ。1967年に作曲家デビューされました。
作詞家の阿久悠さんとのコンビで石川さゆりさんの「津軽海峡・冬景色」、
作詞家の荒木とよひささんとのコンビでテレサ・テンさんの「時の流れに身をまかせ」「つぐない」を送り出し、大ヒットさせました。
石川さんやテレサさんのほかにも、アグネス・チャンさん、西城秀樹さん 、森進一さんら多くの歌手に曲を提供していました。2000曲以上の曲を作曲されたそうです。

1970年代には阿久さんの推薦でテレビ番組「スター誕生!」の審査員になりました。
「李香蘭」など劇団四季の昭和三部作の作曲も担当。
全国高校サッカー選手権テーマソング「ふり向くな君は美しい」、テレビアニメの主題歌「アンパンマンのマーチ」なども手がけ、多彩な作風を見せていました。

妹は歌手の黛ジュンさん。
2005年には紫綬褒章を受章されました。

三木さんは作曲家生活が40年目に入った2006年6月6日に、下咽頭がんを告知されています。
下咽頭は構造上、見つけにくい場所にあるうえ、初期のうちはこれといった自覚症状が出ないケースが多いため、進行がんになってから見つかるケースが6割を超える。
三木さんの場合も見つかったとき、すでにがんが頸部リンパ節に転移 していました。

2006年7月3日に13時間の大手術。
手術から5カ月後の2006年12月には、左肺にがんが転移していました。
その後転移は右肺にも確認されたそうです。

肺がんに対しては重粒子線による治療を受けました。
肺転移という大きな危機を乗り越えた三木さんは音楽家と しての活動に意欲を見せ、
その後も作曲活動にも取り組んでいらっしゃったのですが、
近年は症状が悪化し、病気療養中だったようです。

ご冥福をお祈りいたします。

◇三木たかしさんの主な作品◇

「私小説‐mylovestory‐」(アグネス・チャン)

「コーヒーショップで」(あべ静江)

「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)

「きみ可愛いね」(伊藤咲子)

「思秋期」(岩崎宏美)

「ブーメランストリート」(西城秀樹)

「夜桜お七」(坂本冬美)

「時の流れに身をまかせ」「つぐない」(テレサ・テン)

「あなたにあげる」(西川峰子)

「北の蛍」(森進一)

「めだかの兄妹」「もしも明日が・・」(わらべ)

私はわらべの「もしも明日が・・」好きでした。
テレサ・テンの「つぐない」「時の流れに身をまかせ」も名曲ですね。



【送料無料選択可!】テレサ・テン ベスト10 [初回限定生産] / テレサ・テン



【送料無料選択可!】さくらの花よ 泣きなさい / 保科有里/三木たかし

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。