So-net無料ブログ作成

スピッツギタリスト・三輪 肺がん手術を告白 [ガンの有名人]

9月27日 スポーツ報知から抜粋

人気バンド「スピッツ」のギタリスト・三輪テツヤさん(41)が、肺がんの手術を受けていたことが26日、分かった。 この日までに発行した9月末のファンクラブ会報に、直筆メッセージを寄せて告白。 2006年春に初めての人間ドックで肺に早期の腫瘍(しゅよう)が見つかり、ボーカルの草野マサムネさんなどメンバーや関係者にも打ち明けた上、すぐに手術を受けたという。復帰後、現在も定期的に通院しながら精力的に活動を続けている。 また、三輪は全国ツアー中だった今年2月、父を同じ肺がんで亡くしていたことも明かした。関係者は「がんの早期発見の大切さなど、自分の経験をもって少しでもファンに伝えたかったのでは」と心境を察した。 スピッツとしては、来年1月17、18日にさいたまスーパーアリーナ、同24、25日に大阪城ホールと初のアリーナ公演を発表したばかり。公式サイトで三輪は「結成21年目を迎え、新たなチャレンジとして今はアリーナでのライヴを楽しみにしています。これからもスピッツは試行錯誤を繰り返しながらも、よりよい音楽をみんなと分かち合っていきたいと思っているのでよろしく」と前向きにつづっている。

早期発見でよかった。
まだまだ若いしガンを克服し今後も頑張ってほしい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。